ヤンマー コロナ。 【11月30日更新】【ミャンマー】新型コロナウイルスのミャンマー政府の対応

クボタにヤンマー...コロナでも底堅い「小型建機」、今後は電動化がカギに(ニュースイッチ)

😒 引き続き、ミャンマー人が帰国するための救援便や貨物便の着陸のみ認められます。 【9月30日更新】 9月30日現在、ミャンマーの新型コロナウイルスの感染者は1万1631名、死者は256名と報告されています(参照:WHO)。

10

新型コロナで中止のODA事業、再開

💕 ネピドーは対象郡区の在住者に隔離とウイルス検査を義務付けたほか、マンダレー管区政府もラカイン州とヤンゴンからの訪問者にはウイルス検査を必須とする方針を示している。 流水と石鹸による手洗いを入念に行うのはもちろん、外出した後や咳をした後には、口や鼻、目などに触れる前には手洗いを徹底するよう心がけて欲しい。

新型コロナウィルス、ミャンマーでも厳重警戒

😈 いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。 などの被害も出ています。

18

お知らせ

✌ 警察は衝突回避のため放水車を後退させた。 延長されるのは、インセン区とマヤンゴン区での外出制限、私的な5人以上の集会、イベントの開催禁止、夜間外出禁止、入国者に対する防疫隔離措置、居酒屋やカラオケ等の営業禁止 2020年5月26日 新規感染者3名 2020年5月25日 電力使用料金の一部免除を5月末まで延長 新規感染者2名 ミャンマー政府は5月15日までとしていたイベント開催禁止等の一連の新型コロナ対策措置を5月31日まで延長すると発表した。

20

《安全》コロナ拡大止まらず、8月下旬から3倍に

🍀 主な制限措置としては、宗教集会を含むイベントの開催禁止、5人以上の集会の禁止、入国制限措置等が含まれるが、入国制限等を除いては、既に有名無実化しいていると思われるので、恣意的な運用が懸念さえる。 入国の検査で陽性反応。 2020年11月14日 新たな新型コロナウイルス感染確定者は9人増え3861人に。

11

新型コロナウィルス、ミャンマーでも厳重警戒

🚀 1日、ミャンマーの保健・スポーツ省は、ヤンゴン地域の7地区(ティンガンヂュン、インセイン、北オッカラパ、タケタ、フライン、バズンタウン、ミンガラドン)を対象に、2日から適用される外出禁止措置を発令しました。 2020年11月10日 新たな新型コロナウイルス感染確定者は3人増え3840人に。

お知らせ

😒 具体的には、 ・混雑した場所を避ける ・6フィート(約1. また、医療機関や各組織と協力の上、マスクなど十分な医療備品の供給を行うこと、2月後半から、ミャンマー国内においてコロナウイルスの検査が可能となったとの発表がありました。 18日より、タイ北西部のターク県とミャンマーとの国境が閉鎖されていることが判明しました。 2020年4月15日 新規陽性患者12名 2020年4月14日 新規陽性患者1名 クラスター感染の原因となった協会関係者を起訴 2020年4月13日 新規陽性患者21名 バングラデシュ国境閉鎖 ザガイン地域夜間外出禁止令 アウンサンスーチー氏はFacebook上で突如隔離措置を1週間延長し3週間とする旨、国際線の閉鎖を4月末まで延長する旨を発表した。

11