電力 制御 システム セキュリティ ガイドライン。 電力網がサイバー攻撃されたらどうすべきか、先行する米国のセキュリティ対策事例 (1/3)

「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド 第2版 ~セキュリティ対策におけるリスクアセスメントの実施と活用~」を公開:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

✇ 2.委員会規約等の制改定及び、新体制における審議の流れについて報告された。 経済産業省は更に2014年度と2015年度に米国及びヨーロッパ(英国,ドイツ)で政府関係機関及び電力会社に対し,サイバーセキュリティ対策及び規制に関するアプローチについて委託事業調査を行った。 更新履歴 2020年3月16日 ガイド本冊 第2版(2020年3月版)、ガイド別冊 第2版(2020年3月版)を公開 2019年10月28日 活用の手引き 第2版(英語版)を公開 2019年9月18日 セミナーお申込み受付終了を掲載 2019年7月31日 補足資料:「制御システム関連のサイバーインシデント事例」シリーズを公開 2019年7月25日 次回セミナー日程および案内ページを掲載 2019年6月6日 セミナーお申込み受付終了を掲載 2019年5月27日 セミナー案内ページを掲載 2019年4月16日 次回セミナーの日程を掲載 2019年3月27日 製本版のお申込み先情報更新 2019年2月4日 アンケートを掲載 2018年11月26日 セミナーお申込み受付終了を掲載 2018年11月12日 セミナー案内ページを掲載 ガイド本冊 第2版(製本版)の案内を掲載 2018年10月31日 ガイド本冊 第2版、ガイド別冊 第2版、活用の手引き 第2版の誤字修正 2018年10月23日 活用の手引き 第2版の追加、 ガイド本冊 第2版、ガイド別冊 第2版、付録B. このガイドラインには、産業制御システムの典型的なシステムトポロジー、脅威と脆弱性、その回避策がまとめられている。

6

電力・エネルギー分野のサイバーセキュリティと情報共有

☮ 5.令和元年度事業報告案及び令和2年度事業計画案について承認された。 公開日 タイトル PDF PGP 署名 2010-07-06 GPG No. 本書は、制御システム領域におけるサイバーセキュリティの開発、配備、改善を担当する管理者およびセキュリティ専門家を対象に、制御システムおよび産業ネットワークのサイバーセキュリティにとって非常に重要な運用セキュリティ OPSEC)のいくつかの要素を示し、それらがセキュリティ文化の形成をどのように促進しうるかについて述べています。 【課題A】リスク分析の具体的な手法や手順が分からない 【課題B】リスク分析には膨大な工数を要する(と言われている)ので回避したい この点を解決したい、というのが、本ガイド策定の背景となっています。

16

情報セキュリティのガイドライン、標準規格、法制度等の一覧

🤔 このような動向についても報道が増えてきたため、セキュリティ対策を推進しようという雰囲気が漸進的に醸成されつつあるようです。 公開日 タイトル PDF PGP 署名 2010-07-06 GPG No. 最悪の場合には広範囲に停電を引き起こす可能性さえある。 こういった事実を背景として、この文書では制御システムネットワークを使用している組織向けに、多層情報アーキテクチャを維持しつつ、「多層防御戦略」を策定するための指針と方向性を示しています。

制御系システムのセキュリティ(1)-制御系システムのセキュリティを取り巻く状況-

🤜 16)• 制御システムは,従来独立した専用システムとして設計され,ベンダ個別仕様の製品・技術が使われていたため,制御システムのデータの連携にはデータ形式のカスタマイズなど手間とコストがかかっていた。 技術研究組合制御システムセキュリティセンター;Press release制御システムセキュリティセンター,化学,電力,ガス,ビル分野におけるサイバーセキュリティ演習を実施(2016. 企業では、事業リスクを十分に理解して初めて、適切なレベルのセキュリティ保護を実現するために必要なことが判別できるようになる。 なお、ICS-CERTが公開している制御システムの脆弱性情報は、IPAの脆弱性対策情報データベース でも日本語で公開しています。

情報セキュリティのガイドライン、標準規格、法制度等の一覧

🌏 表1に示した過去10年に制御系システムで発生したサイバー攻撃の事例を見ても、制御系システムのさまざまな分野で、サイバー攻撃を受けていることが分かります。 しかし,上述のセプター及びJ-CSIPには一般電力事業者しか含まれておらず,電力市場に新規参入してくる新電力は入っていない。 16)• 3.委員長及び委員長代理の選任について承認された。

6

電力・エネルギー分野のサイバーセキュリティと情報共有

☏ 5.情報共有と人材育成 各重要インフラ事業者がサイバー攻撃の成功を防止し,万が一障害が発生した場合には被害の拡大を防止し,迅速な復旧を確保するためには,脅威情報・ベストプラクティスの共有が不可欠である。 BBC News; S Korea nuclear firm to hold cyber-attack drills after hack(2014. 3),21-22,DHS ICS-CERT; Recommended Practice: Improving Industrial Control System Cybersecurity with Defense-in-Depth Strategies(2016. 2.委員長及び委員長代理の選任について承認された。 3版) 水道 厚生労働省 水道分野における情報セキュリティガイドライン 物流 国土交通省 物流分野における情報セキュリティ確保に係る安全ガイドライン(第3版) 化学 石油化学工業協会 石油化学分野における情報セキュリティ確保に係る安全基準 クレジット 一社 日本クレジット協会 クレジットCEPTOARにおける情報セキュリティガイドライン 石油 石油連盟 石油分野における情報セキュリティ確保に係る安全ガイドライン 出典:内閣サイバーセキュリティセンターの「2016年度重要インフラにおける安全基準等の継続的改善状況等の調査」を基に作成 制御系システムのセキュリティの取り組みとしては、経済産業省が電力システムのサイバーセキュリティとして、• 第1に,2005年12月の「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る行動計画」に基づき,そうした重要インフラ事業者の情報共有・分析機能を支えるために作られることになったのが,Capability for Engineering of Protection, Technical Operation, Analysis and Response(CEPTOAR,セプター)である。

12