細川 藤孝。 三淵藤英|足利将軍家に忠誠を尽くした細川藤孝の兄

細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介

☎ 委曲 御返事に示し給ふべく候。 朝倉征伐・甲斐の武田征伐には、一色義定 一色満信 も細川家と共に出陣している。

細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介

✊ 5行目の「 弥」という文字。 そのため、「光秀」と「細川藤孝」の2人がどこでどのように出会ったのか、ハッキリとはわかっていないのです。 『兼見卿記』同年月日条、『言継卿記』同年月日条 天正4年 1576 5 6 43 が若井(若江)(河内国)に在城する。

18

歴史の目的をめぐって 細川藤孝

☢ ちなみに足利義輝の妻「里子」は、関白「近衛前久」の妹なので、「近衛前久」と「足利義輝」は義兄弟。 天正6年()、信長の薦めによって嫡男と光秀の娘(ガラシャ)の婚儀がなる。 次に、助太刀の見返りとして摂津一国を用意しているが、希望があればさらに若狭一国も与える、という内容が書かれています。

9

「麒麟がくる」の明智光秀が細川藤孝に宛てたあまり有名でない方の書状

✔ これは「もっとも」と読む。 この説が正しいとすれば、「細川藤孝」は、征夷大将軍「足利義輝」「義昭」兄弟の兄ということになります。

10

細川幽斎とは

🚒 藤孝以外の参会者は聖護院道澄、大覚寺義性、三条実澄、、飛鳥井雅敦、不断光院清誉、飯川信堅、上野輝加、曽我助乗、飯川秋共、春阿弥で、執筆者は覚勝院の児子である松千代。

16

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

💕 その後豊臣秀吉が天下になると、細川藤孝は教養を高く買われて武士よりも文化人として茶会や歌会などの仕事をするようになります。

三淵藤英|足利将軍家に忠誠を尽くした細川藤孝の兄

🤪 『兼見卿記』同年月日条 天正4年 1576 11 4 43 吉田兼見とともに山科(山城国)に赴き、上洛するを出迎える。 織田軍の動きが早いのをおどろいているうちに二条城は織田軍に包囲されます。 1577年10月、織田信長から離反した松永久秀が籠城した を、織田信忠・明智光秀と共に落としている。

12

細川藤孝/眞島秀和

😄 『兼見卿記』同年月日条 元亀4年 1573 7 16 40 五ヶ庄より槙島城(山城国)攻める衆に加わる。 藤孝は光秀が仕えたとされている越前の朝倉義景の世話にもなっていたようで、そこで光秀と出会っています。

20