補助 金 適正 化 法。 ・補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令(◆昭和30年09月26日政令第255号)

・補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(◆昭和30年08月27日法律第179号)

☯ そこで、これらの財産 処分制限財産 を処分するには各省庁の長の承認を得る必要があると決められたのです。 R02. )又はこれらのための手続は、この法律による改正後の関係法律の相当規定により行われたものとみなす。

補助金を不正に受け取るとどうなりますか?

😉 附則(平成14年12月13日法律第152号)抄 第1条(施行期日) この法律は、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成14年法律第151号)の施行の日から施行する。 (森林法第193条)」と定めており、本条を根拠として林野庁と自治体で予算が計上されています。

補助事業等により取得した財産の目的外使用に関する要件緩和について

☎ 2 検査の結果 (検査の観点、着眼点、対象及び方法) 本院は、合規性等の観点から、間接補助方式により実施する事業が法令等に基づき適正に実施されているかなどに着眼して、農林水産本省及び14道県 において、平成18年度から22年度までの間に14道県を補助事業者等として実施された農業・食品産業強化対策整備交付金事業、農山漁村活性化対策整備交付金事業等(事業費計849億0254万余円、国庫補助金等交付額計366億5738万余円。 せっかく得た補助金からの財産。

6

「補助金適正化法」とは?内容と改正点を徹底解説

😇 いわば、返金に関する特例についての条文だが、「やむを得ない事情」の詳細については触れられていない。 R01. H29. 補助金で得た財産を目的から外れて使用することは、もちろん大問題である。

16

「補助金適正化法」とは?内容と改正点を徹底解説

👋 に提出しなければならない。 同法では、この目的に則って補助金の交付申請や審査のための基本事項や共通のルールなどが定められている。

17

・補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令(◆昭和30年09月26日政令第255号)

🤲 財産処分に関して、既定の金額を国庫に納める場合• しかし、実際にはこの新しいフォークリフト導入前に、それまで保有していたフォークリフトを売却して、この新しいフォークリフトに買い替え、一般貨物の運搬に使用していたということが判明し、補助金適正化法による違反と判断されました。 (令和元年政令第百六十七号)• 続いて、第15条では補助金の金額の確定についての規定が書かれている。

13

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律 全文

✆ 電磁的記録による作成 第二十六条の二 この法律又はこの法律に基づく命令の規定により作成することとされている申請書等 申請書、書類その他文字、図形その他の人の知覚によつて認識することができる情報が記載された紙その他の有体物をいう。 )によると、間接補助方式により実施する事業の場合、補助事業等の内容は、間接補助事業者等に対して間接補助金等を交付する事務又は事業であることから、補助事業等の支出義務額が確定したとしても間接補助金等の交付がなければ補助事業等が完了したとはいえないとされている。 ・補助金によって形成した財産については、補助金の交付の対象となる事務や事業に使用することが原則であり、財産の処分については慎重に対応すべきである。

15