ピン g410 lst。 ピン「G410 LST」ドライバー

ピン G410 LST ドライバーの試打&評価/重たいヘッドでガツンと飛ばす│楽しい GOLF LIFE

😁 個人的なランキングですが、歴代のピンゴルフのドライバーで、最も飛んで、使いたいと切望した『G400 MAX ドライバー』の飛距離を『G410 LST ドライバー』は軽々と超えたのです。

14

PING(ピン)G410 LST ドライバーをゴルフハック編集部で試打評価!

👌 ・よく拾う ・コンタクトしやすい ・よくつかまる ・中高弾道 ・操作性がいい ・よく飛ぶ 究極の打ちやすさ。

19

ピン「G410 LST」ドライバー

✔ 『G410 LST ドライバー』は飛びますが、パワーヒッターであることと、弾道をある程度操作できる技術は必要です。 実際に打ってみると、かなりいい感じ! 仮にバックスピン量が G410LSTと同じ数値だったとしたら、飛距離の差は1y~3y程度になると予想されます。 オリジナルカーボンシャフトは4種類あり、50g台の「ALTA J CB RED」のみがニューシャフト。

1

PINGの新ドライバー「G425 LST」と旧モデル「G410 LST」を比べてみた

🙂 低スピンのスライス系の中高弾道。 Pro Regio Formula MB TYPE65 R 66. スピン量が多すぎて困っている多くのひとに、つかまらないドライバーは勧められない」(ポール・ウッド氏) G410 LSTは前作より優れた製品だが、みんなの飛距離が10ヤード伸びるというものではない。 SFTは前モデルと変わらぬボリューム感。

12

振れば振るほど強弾道! 「G410 LST ドライバー」試打

📞 さらに、特殊な熱処理による加工と深低重心化により力強い球の弾きとクラブの奥底から球を押すような後ろから球を押すような感覚が曲がり幅を抑えた飛びを見せてくれます。 これは前作の時から変わっていませんが、ややマシになっていると思いました。

ピン「G410 LST」FW

🙂 メルマガでは、ギアの裏話や考え事を配信しています。 ツイッター kazkawata 2019年3月12日0時00分 ピン「G410 LST」FW どーもです。 ノーマルのほかにフェード、ドローポジションがあります。

14